カテゴリー
マイホーム購入

マイホーム購入①【ライフプラン】

こんにちは。

八尾市の不動産屋さんRINDOHOUSINGの西川です。

今回は、マイホームの購入についてです。

皆さんにとってマイホームの購入とはどういうイメージでしょうか?

・一生に一度の大きな買い物

・戸建にするのがいいのか、マンションのほうがいいのか

・35年ローンやローン審査、頭金、自己資金はいくら必要なのかなどの金銭に関すること

・どこに住むのがいいのか

・戸建ならば何階建で構造や間取りはどうするのか

・マンションならば住む階層や間取り、管理費など

・住む場所の周辺状況はどうか

挙げるとキリがないですね。

ちなみに、私は現在32歳で、28歳でマイホームを購入しました。

世間的には少し早いかな?ぐらいの年齢ですね。

賃貸住宅に住んで、毎月家賃や駐車場を払ってもただお金が出ていくだけで何も残らないことが嫌で早めに家を購入しました。

28歳で35年ローンですから、63歳には住宅ローンが完済する予定です。

実際は、繰り上げ返済をしてもう少し早く完済し、その後は賃貸物件として貸し出し、また新しく家を購入しようと考えています。

早めにマイホームを購入しておくと、こういうことも視野に入れることができるメリットはあります。

もちろん、早く購入しなくても同様のことができるため、それがすべてではありませんし、多くのが30代で家を購入するかと存じます。

購入時期に早い遅いはあまり関係ありませんが、30代も半ばを過ぎてくると、住宅ローンの審査で35年ローンが組めない場合や、組めたとしても仮に38歳の時に35年ローンを組む場合の完済時年齢は73歳となってしまいます。

65歳が定年とすると、定年後も8年間月々10万円前後のローン返済をすることとなり、今後の世代は年金もあまり期待できないことを考えるとちょっと不安要素でもありますね。

いつマイホームを購入するかは、それぞれの事情がありますからあまり言及はいたしません。

急いだ結果、自己資金を十分に用意することができずにローンの審査が下りない場合や、望む物件の購入ができないといったことが発生するとそれは本末転倒となってしまいます。

一生に一度の買い物と言っていいレベルのものですから、予算が届かないからといって妥協して購入することは絶対にやめましょう。

もちろん、35年ローンを組める年齢や予算との兼ね合いを考え、今後のライフプランと家族の生活を考慮した上で、希望物件から条件を変更することはあるでしょう。

それは妥協ではなく、家族やライフプランを考えた上で、最良の選択をしたということです。

また、ずっと賃貸物件に住むことも素晴らしいことだと思います。

引越しの自由を得ることもできますから。

対して、マイホームを購入すれば、売却することも可能で、上記で私のライフプランに軽く触れておりますが、後の不動産収入とすることを視野に入れることが出来ます。

この不動産収入の選択肢を得ることが私は非常に大きいと考えております。

何もしなくても、家賃収入を得ることができるということは何よりも魅力的と言えるでしょう。

誰しもが引っ越して、元々住んでいた物件を賃貸し収入を得ることが出来るわけではありませんし、その家や場所を気に入って住み続けることは素晴らしいことです。

あくまで、将来そういうこともできるということからも、マイホームの購入は損はないということです。

家を購入するには、準備や覚悟、どこに住んでどんな家にするのかなどを考える時間など考えることが非常に多く、人生のターニングポイントとなるでしょう。

そんな大切なことを、自身やご家族だけで決めるのはとても大変なことです。

私自身は、勢いで買ってしまったということもあり、少なからず後悔したことがいくつかあります。

これからマイホームを購入する方には、そんな後悔はして欲しくはないため、この事業を起こしました。

りんどうハウジングは、お客様のマイホーム購入に関わるライフプラン全体のお手伝いをしようと考えております。

次のブログに続きます。