カテゴリー
マイホーム購入

マイホーム購入②【住宅ローン編】

前回のマイホーム購入の続きです。

さて、マイホームを購入する際は

①予算

②住宅ローン

③戸建orマンション

④家の構造や間取り

⑤地域

⑥設備

などを考慮して物件を選んでいく必要があります。

やはりここで一番大事になってくるのは『①予算』です。

予算の内訳としては、

・ご年収

・自己資金

・頭金

これに加えて、②の住宅ローンも絡んだお話となります。

まず、ご年収と自己資金次第で組める住宅ローンの金額が変わってきます。

組めるからと言って高額な物件を購入して毎月の住宅ローンの返済額がとんでもないことになっては、後に物件を手放さざるを得ないことになりかねませんので、住宅ローンの組み方には注意が必要です。

私自身は、八尾市の山本駅周辺で戸建を購入しましたが、考慮していた中に駅前のマンションがありました。

現在の戸建よりも800万ほど高い物件でしたが、マンションギャラリーで内覧した際に担当してくださった方が、私の年収と妻の年収を合算すれば住宅ローンは通ると言われました。

その時は、買いそうになりましたね。

すごくいいマンションでしたから。

具体的な金額でお話をすると、今の戸建の住宅ローンの返済額は月々85,000円です。

駐車場付きの戸建ですので、駐車場代は0円です。

対して、マンションはこの戸建よりも+800万の物件でしたので、毎月の返済額が110,000円ほどでした。

ここだけを見ると、+25,000円で払えなくはないといった錯覚に陥ます。

相手方も物件を売るために必死ですので、なんとなく払えるのでは?といった価格を提案してきます。

ですが、マンションの場合は管理維持費が発生します。

俗にいう、管理費というものです。

これが大体5,000円~20,000円です。

加えて、車を持っている場合は、駐車場代もマンションの場合は別料金で10,000~15,000円です。

全てを合計すると、月々140,000円ほどの支払いとなり、戸建の支払額よりも55,000円も高くなるわけです。

55,000円もあれば賃貸物件にも住める額ですからね。

決して安くありませんし、もしも契約していたら今頃引越しをして、売却価格が購入価格を下回り、無駄にお金を払った上で、結局マイホームに住めていない状況になっていたのではないかと思います。

ゾッとする話です。

といったように、予算と住宅ローンには細心の注意と将来の返済プランをしっかり考える必要があります。

もちろん、ここに頭金をどれだけ入れれるかで返済プランは変わってきます。

例えば、私の場合は戸建よりもマンションの方が800万ほど高いのであれば、800万の頭金を用意しておけば、戸建と同じ価格となり、月々の返済額自体は同じになったでしょう。

そういった意味で、頭金は非常に大切です。

頭金0円で住宅ローンを組んでしまうと、月々の返済額が膨らみ、後々後悔することがありますので、少なからず頭金も含めて自己資金は少し多めに用意をしておきましょう。

引越しの代金や、家具家電の購入も必要ですので、家を買った、住宅ローンを組んだで終わりではなく、しっかり準備をした上で物件を探すことが大切です。

今回は、予算と住宅ローンについて書かせて頂きました。

次回は、物件の種類と特徴についてです。