カテゴリー
不動産に関する知識

住宅のサブスクリプションサービスとは

こんにちは。

りんどうハウジングの西川です。

前回の更新から期間が空いてしましました。

さて今回は、今っぽい話をしましょう。

最近は、住宅にもサブスクリプションが流行りつつあるようで、家賃は定額料金、家具家電は備え付け、そして登録されているサブスク物件を転々とできるようです。

別の場所へ引越しをする際も手数料等は発生することがなく(サブスク対応物件への引っ越しのみ)、気軽にいろんな場所に住むことができます。

ただ、これを行うには、何棟も物件を所有していること、それらの物件に対して設備を備えなければいけないこと、入居者の管理をしなければいけないことなどから誰もができることではありませんしが、昨今のサブスク流行りが遂に住宅にまでやってきたかという感じですね。

実はこの住宅サブスクリプションサービスは数年前からあったのですが、コロナ禍においてリモートワークが増えたことにより普及率が伸びたと考えられます。

これは、人それぞれの住居に対する思い方の違いですが、私は家や地域に愛着を持つタイプですので、あまり住む場所を転々とすることには興味がありません。

ですが、季節や気分で住みたい場所を気軽に変えることが出来るという面では、この住宅サブスクリプションは大変魅力的であり、まだまだ伸びるでしょう。

借主側からすれば、一定のサブスク代を支払っている限り、その場所に飽きれば別の場所にいくだけということで、気に入って頂ければずっとサブスク契約をしてくれるかもしれません。

このように、時代の流れと共に住居に対する考え方や契約の在り方は変化してきています。

貸す側としても、このサービスを行うことで、サブスク登録者がお持ちの不動産物件の中で転々と住んでくれるため、空室問題を解決することもが可能となっております。

全国や、全国と言わないまでも広範囲に物件を所有していることが必要というわけでもなく、例えば大阪の中でも八尾・市内・堺など一つの県の中で物件を数件所有しているだけでもこのサービスを行うことは可能です。

借主様にとっては、空室が何よりも避けたいことではないでしょうか。

空室問題を解決する一手として、このサブスクリプションサービスは非常に魅力的です。

加えて、このサービスは空家問題も解決してくれるものになります。

現在、日本の空家率は25%と全体の1/4が空家です。

面倒な空家の管理や、空き家が多くなると治安が悪くなるなどの問題も起こってきます。

住宅サブスクリプションサービスは、マンションやアパートだけでなく、空き家で行うことも可能のものですので、もしも相続しているものの住んでいない空家がおありの方で維持費だけ払っている方は、こういうことをして不動産を活用するのも悪くないことではないでしょうか。

また、サブスクリプションサービスを行いたいが物件をお持ちでない方は、空き家になっている中古物件を購入すれば、安く物件を仕入れ、そこを賃貸収入に使用するということも可能です。

このように、空き家を活用することもできることから住宅サブスクリプションサービスはかなり注目を浴びています。

もしも、このサービスに興味があり、物件の購入を考えている方すでに物件をお持ちの方でやってみたいなどございましたら、是非りんどうハウジングにお任せください。

提案から入居の管理致します。

本日はここまでとします。

では、また次回。