カテゴリー
マイホーム購入 不動産に関する知識

不動産ポータルサイト(SUUMO、ホームズ等)での物件探しの注意点

こんにちは。

りんどうハウジングの西川です。

今日は、みなさんの物件探しの方法についてお話をさせて頂きます。

みなさん、賃貸物件への引っ越しや新築中古物件の購入をする際に、どのようにして物件をお探しでしょうか?

大抵の人は、SUUMOやホームズ、アットホームなどのいわゆる不動産ポータルサイトと呼ばれるサイトへ行き、そこから地域や価格、間取りを入力して物件を検索しているかと存じます。

SUUMOなどのサイトに行けば、あらゆる物件の情報を閲覧することができますが、あれってSUUMOが管理しているわけではないんですよね。

SUUMOなどのポータルサイトは、単なるまとめサイトです。

世の中のあらゆる不動産業者が取り扱っている色んな物件を一気にまとめて載せているだけなんです。

そして、このポータルサイトで物件をよく見てみると、一つの物件に複数の不動産業者が仲介をしている場合があります。

だからSUUMOから問い合わせをしたはずなのに、SUUMOではない別の業者とやり取りすることになるのです。

一般の方はわからないことなのですが、ポータルサイトに掲載してある物件に対して、複数の仲介業者が名前を連ねているのには理由があります。

答えから先にお話をしますと、ポータルサイトに掲載している物件は、基本的にりんどうハウジングを含めて、ほぼ全ての宅建業者が仲介をすることができるのです。

売主・貸主は基本的に買手・借主が見つかってもらわないと困るわけですから、仲介業者が多い方が確立が上がります。

売主・貸主はどの仲介業者が仲介しても結果として、買手や借主が決まればいいわけですから、基本的にどこからの仲介依頼でも受け入れます。

稀に、専任契約や専属専任契約といったものがあり、これは一社の仲介業者のみが仲介をするものになります。

他の仲介業者には仲介をさせないといったやり方です。

話は戻りますが、基本的にポータルサイトに掲載されている物件で、仲介業者が複数あるものはどこで契約しても同じで、結果買うことや借りることができます。

ですが、注意しなければいけないのが、費用は異なることがあるという点です。

例えば、SUUMOですと掲載の際にかける費用で掲載される順位が変わります。

XYZハイツ304号室という物件があったとします。

その物件をA不動産とB不動産という仲介業者がそれぞれSUUMOに掲載をした場合、A不動産がオプションで総額10万円をかけて掲載し、B不動産は5万円の広告費でけいさいした場合、A不動産の方が掲載が上に表示されて、B不動産よりもA不動産の方が閲覧者の目に留まります。

買手・借り手は、同じ物件であるならば恐らく最初に目に入ったところに問い合せをすることが多いのではないでしょうか。

そうなるとやはり莫大な広告費を支払い、掲載順を上げることにも価値がありますね。

ですが、広告費が高いということは、利益も少なくなってしまうということです。

そうなると、割引等をすることはまずできないでしょう。

宅建業法では、仲介に関する手数料の上限が決まっており、上限以上の金額を請求することはできません。

逆に下限は決まっておらず、極端な話をすると手数料0円も可能なのです。

もちろん、商売でもあり、また物件の調査や資料の作成に莫大な時間がかかるため手数料を0円にすることはできません。

ですが、仮にXYZハイツの物件情報を見て、お客様が気に入り、そこが専属専任や専任契約でない物件であり、A不動産とB不動産以外がポータルサイトに掲載をしたいなかったとしても、宅建業者しか閲覧することができない物件情報があり、そこにはほぼすべての物件情報が掲載されているため、りんどうハウジングや他の宅建業者が仲介をすることが可能です。

広告費が発生していない分、ポータルサイトに掲載している他社よりも諸費用を抑えて購入することが可能になります。

もしもポータルサイト等で物件を見つけたとしても、すぐに問い合わせをするのでなく、別のサイトや同じ物件を掲載している他の業者と相見積もりをすることや、りんどうハウジングなどの宅建業者にお問い合わせ頂ければ、同じ物件を割安でご紹介することができる可能性があります。

手数料が高額になりがちの業界ですので、なるべく費用を抑えて物件を購入・賃貸したい方は、このような仕組みを理解した上で購入・賃貸することをオススメします。

もちろん、りんどうハウジングにご相談頂くことも可能ですよ。

今日はこの辺りにしておきます。

ではまた次回。