カテゴリー
ブログ

最近の美容師について元美容師の不動産会社社長が語ります。

こんにちは。

りんどうハウジングの西川です。

タイトル意味が分かりませんね。

以前にブログでも書いているのですが、私は美容師免許を持っていて、昔は美容師として仕事をしていました。

なんと、宅地建物取引士と美容師の国家資格2つ持ちです。

全く共通点がなくて、活かしようがない資格同士ですが(笑)

美容師だったのは、もう10年以上前の話です。

高校を卒業したあと、私は美容学校に進学し、美容師国家試験に合格した後に八尾市の美容室で勤務しました。

10年以上前になりますので、当時は労働環境と条件が良くなかったことと、勤務していた美容室が倒産したことで美容師を辞め、そこからは美容師経験を活かして、美容室向けの商材を開発しているメーカーに営業として転職し、そこから私の営業マン人生が始まっています。

今日はなぜ美容師のお話をしようと思ったかと言いますと、当時一緒に勤務していた同僚が責任者として大阪市内で新店舗を立ち上げるというニュースを目にしたからです。

とても嬉しいニュースで、すぐにおめでとうの連絡をしましたね。

そして、その新店舗の求人募集をたまたま目にして、私はびっくりしてしまったわけで、今回のブログにしています。

何にびっくりしたかと言いますと、美容師の待遇…すごくよくなっているんですね。

・初任給19.5万

・週休二日制

・社会保険完備

なんてすばらしいのでしょうか!

ふつうのことって思う人いるかなと思うんです。

事実、当たり前のことですよねこれ。

ですが、私が美容師になったときはですね

・初任給15万

・週休1日

・社会保険なし

だったんですよ。

これでもさらに昔よりは給料はよくなったそうで、昔は12万とかだったとか。

言ってしまえば美容師も職人の世界ですから、このような待遇でも仕方ないかなと思うところもなくはないです。

ですが、しんどかったですね。

週休1日とはいえ、その1日の月曜も講習があって休みでなくなったり、社会保険がないので国民健康保険と国民年金で15万からだいぶお金は無くなりますし、私は奨学金で美容学校に通っていたので、そこに奨学金の返済も相まって手取りは10万を切っていましたから。

仕事も朝8時から夜はレッスンがあるので、23時ごろまでですし、休憩もありません。

ずっと立ちっぱなしで、最初はつらかった思い出があります。

当時は、難波で働くことが夢で、四ツ橋駅近辺の有名サロンに面接に行ったのですが、最終面接でサロンに自転車か徒歩で通える範囲に住むことができるかどうかでできないかで、面接は落ちました。

どういうことかと言いますと、難波や梅田のサロンは、開店時間が遅く、閉店時間も遅いため、閉店後のレッスンをしていると終電がなくなるので、近くに住んでいることが採用の条件となっておりました。

難波で住むとなると、どれだけ安い物件でも最低5万はします。

手取りが10万を切る中で、家賃が5万、食費・光熱費・通信費を考えるとまず払えない上に、勤務時間からもアルバイトができないため、家賃がかからない実家から通うしか方法がなく、難波で働くことは諦めて、実家近くのサロンで働くことになりました。

美容師は、最低でも4年はアシスタントとして修業をし、その後スタイリストになれてやっと一人でご飯が食べれるようになるといった感じでした。

それでも給料は20万ほどでしたが。

そういった状況の中で、勤務先が倒産した後、新たな美容室で勤務はしたのですが、勤務先が倒産をした際に緊張の糸が切れたのか、美容師に熱を感じることができなくなって、美容商材のメーカーに転職をしました。

そのメーカーも、閉店後の美容室に営業に行く際は夜は遅いのに残業は付かないしボーナスもないという、決して待遇のいい会社ではありませんでしたが、手取りで19万ほどの給料と隔週休2日で、勤務時間も8時半~17時半という当時の私には美容師との比較で楽園のような感覚がありましたね(笑)

そういった経験があるからこそ、今の美容師の求人内容にびっくりしたというわけです。

美容師への熱がなくなったと申しましたが、それはいろいろなことがあって、倒産の原因も相まって、美容師という職から少し距離を置きたくなったからでした。

ですが、美容師自体は今でも大好きで、たまに自分が美容師を続けていたらとかそういうことを考えてしまうことがあります。

もしも、今の待遇が昔からあったなら、私はまだ美容師を続けていたかもしれません。

何なら今でもちょっと戻りたいです。

ほんと、いい時代になってよかったなと、これから美容師を目指す人を羨ましくも思い、同時にいい時代になったから頑張ってと応援したいです。

美容師も、美容業界も大好きですし、友人や仲のいい先輩も美容師が多いので、もう美容業界に居ない身ではありますが、空き店舗の紹介や物件の紹介など、かつて自分が美容師であったことで感じたもの、してほしかったことができる不動産屋でありたいなと、それが今の自分にできることかな思っています。

もちろん、美容業界以外の業種でもなんでもご相談下さい。

全力で、サポートをさせて頂きます。

今回は、私の過去の話や、不動産とは全然関係のない美容師のお話をさせて頂きました。

美容師って大変だったんですねぇなんて思いながら読んでいただけると幸いです。

それでは。